• 木のこだわり
  • 技のこだわり
  • アフターフォロー
  • つながり

木のこだわり

100年、200年持つ家は日本の風土に合った「木の家」だからこそ

『伝統的な在来工法で建てる家』に対して「古臭い家」「昔風の家」「神社・仏閣」「農家」「旅館」…と言ったイメージをお持ちではありませんか。

一三〇〇年を超える世界最古の法隆寺や薬師寺など伝統的在来工法は数百年にわたり、今でもなお健在でかつ日本の象徴として未来に引き継がれています。しかしながら、何も法隆寺や薬師寺を今の住宅に取り入れるのではなく昔ながらの工法だからといって昔の家を造る必要は無いのです。私たち宮本住建は、日本の伝統大工技術を生かしつつ、今の生活スタイルに合わせてこの技術を復活・発展させていくのが、真の21世紀型の住宅のあり方だと思っております。

現在の日本の木造住宅は、平均耐用年数は三十年前後とされ、建て替え時には全て廃棄物とされる、いわゆる「使い捨て住宅」が主流となって来ております。日本の森林資源の性格と無関係の建材や工法で建築する住宅が多くなっているからです。しかしながら木とは、伐採から徐々にその強度を増し、強度の最高値は三百年後と言われているくらいです。そんな利点を活かさず、わずか三十年余りで廃棄処分にされていく今の住宅のあり方はどこか矛盾しているとは思いませんか。

私たち宮本住建は、とことん木にこだわり、木を知り、木を活かした家づくりをモットーとし、何百年も耐久する頑丈な住宅をやわらかい表現で現代に調和した家をつくり上げられるよう日々取り組んでおります。また、リフォームをすることにより、より一層長く暮らしていけるそんな住宅を常に追い求めております。

木の家は呼吸し、人と共に生きています。

私たちの住む四季が彩る日本は水の宝庫です。それは雨が多い事も意味しています。木には私たちを快適に過ごせる調湿性能が隠されています。例えば、10.5cm×3mの柱はビールの中ビン3本分の水を含んでいます。室内の温度と湿度の変化に合わせて含水率でプラスマイナス2%の呼吸をした場合、ビールビン1本分の水を出し入れしています。まさに天然の調湿機といえます。

また木には光を乱反射させてやわらかい室内光を生み、木の板が不快な音をカットしつつ精神をリラックスさせる「超高周波音」を通すなど新建材には望めない素晴らしい機能が明かにされています。

創業40年以来、続けている宮本住建の熱き思い・こだわり

家を建てる。それは一世一代の大仕事!だからとことん納得のいくまでこだわる。それはお客様も我々も同じこと。一〇〇〇年以上も昔から日本人は生活の中に木を取り入れ、日本独特の住文化を築き上げてきました。日本の家屋には四季折々の変化に耐えながら、風情を楽しむという美意識が息づいています。その伝統を受け継ぎ形に変えるのが、私たちの「在来工法」です。

創業四〇年来、私どもは木に学び、木と遊び、木を知り、日本の住まう家づくりとして常に『永住の家』を追求してまいりました。木を選び、木を使い分け、一戸の家をつくりあげるための木を活かす伝統の技。時代が変わり、日本人のライフスタイルが変わっても、本物の家はきっとあなたの大切な家族を温かく守ります。

そんなあなたらしさやライフスタイルに合わせた間取りなど、家づくりのプロである私どもが、とことん納得のいくまでこだわり、あなたの家をオーダーメイドで仕上げます。

技のこだわり

長年の匠の技が、北陸の気候風土に合った木造住宅を作り出す。

創業から約50年ずっと守り続けてきたものが「技」へのこだわりです。木の家を作るにあたり、切っても切り離せないのが大工の「技」です。

北陸の気候を熟知した職人が、木材の一本一本の個性を生かして組み上げることでより価値が高く、長生きする家を作ることが出来るのです。本当の手作業での仕上がりは、ハウスメーカーには決してできないでしょう。なぜなら、それなりの年数と継承が必要で、携わる大工の技術の程度によって仕上りが大きく左右されるからです。
木造建築の最も難易度が高いと言われる、神社・仏閣においても宮本住建では信頼していただく施工をさせていただいております。

木の家を作ることに対して妥協を許さない宮本住建の大工は、家を作る事に誇りと自信を持っています。

アフターフォロー

いつまでも心地よく、満足した暮らしを送っていただくために。

施工中はもちろんの事、入居後もいろいろと出てくるお客様の疑問や不安の声にしっかりと応えます。
また、定期訪問を通してお客さまからの要望に、丁寧に誠実に取り組むことを徹底しております。

おかげさまで、一度建てて頂いた多くのお客様からご紹介をいただいております。

つながり

大切な住まいを宮本住建で建てていただいた方々とは一生のお付き合いさせて頂きたいと考えております。
また、宮本住建の家づくりに協力いただいている会社の皆様とも宮本会を通してより強固な団結力で良い家づくりを今後も続けていきます。

宮本住建とかかわっていただいた皆様に深く感謝いたしております。